ホルモン異常

皮脂を取り過ぎてしまうアルコール育毛シャンプー

アルコール育毛シャンプーというのは有名なメーカーが作ってるものですがこれを使うと髪の毛がやたらきしむという違和感を感じたことはないでしょうか。
アルコール育毛シャンプーは髪の毛の汚れを取るためには良いのですが、皮脂を取りすぎてしまうところがデメリットでもありますから気をつけましょう。
これは髪の毛を守ってる皮脂まで全て取りすぎてしまうことになりますのでこのような違和感が生まれるのです。

通常毛穴の皮脂というものはある程度は残しておかなければならないものですからこの皮脂の取りすぎは良くないのです。
そして洗ってる時に気がつくと思いますがあまり何回もシャンプーをするのは髪のためにも頭皮のためにもよくないです。
これは髪の毛にも頭皮にもダメージを与えますし髪の毛が軋んで大変ダメージを受けてしまうことになるからです。

そして皮脂が詰まってるものでこれは取りすぎてしまうと髪の毛のダメージにつながってしまうのである程度は残すようにするのが良い髪を保つために大切なことなのです。
ですから低刺激の育毛シャンプーなどで髪の毛と頭皮にダメージを与えないようにケアしてあげたいものですね。
http://dumas.jp/s_006.htmlにも載っている通り、育毛シャンプーというのは頭皮を健康な状態にするものです。
洗浄力が強すぎている商品では頭皮をケアするどころか、どんどん悪化させ深刻な状態へとしてしまいます。

このことを理解していないと必要な皮脂まで洗い流してしまいますので結果として頭皮の環境が悪くなることにつながるわけです。